ナースコールが多い日や緊急入院がある日の夜勤は忙しい
急患への対応も求められます

病気の患者さんの生活を24時間守るためには、夜勤を担当する病棟看護師の存在が欠かせません。

1日を8時間単位で区切る日勤・準夜勤・深夜勤の「3交代制」を採用している病院と、労働時間が少し長くなる日勤・夜勤の「2交代制」を採用している病院があります。

近年は、フルタイム勤務の看護師の負担を軽減させ、ワークライフバランスの実現や離職率の低下をはかるために、夜勤専従の看護師を募集を行っている総合病院が増えています。この働き方は生活が昼夜逆転しますが、日中を自由に過ごせるというのが最大の利点です。

2交代制の病院の場合、夜勤開始は4時30分から5時あたりですので、夜勤の仕事も、食事の準備や片付け、看護と介助、バイタルサインの測定を行う点では日勤と基本的に変わりません。ただし、夜勤の時間帯の半分は、患者さんが寝ている時間ですので、仕事量は少なめです。ただし、配置されている看護師の人数も少ないため、ナースコールが多い人や緊急入院の受け入れがあるときは、忙しくて寝る時間がほとんどないこともあります。

企業にお勤め(日勤)で夜9時に就寝する方はほとんどいないと思いますが、病棟は夜9時に消灯となります。質の良い睡眠は病気の回復、ここの健康に重要ですので、夜勤の看護師は、9時前までに病棟を見回り異常がないかを確認します。体が不自由な患者さんのオムツの交換や体位交換をしたりします。

病棟の灯が消えて、患者さんが寝静まると、2時間に1回のペースで見回りを行います。看護師はペンライトを手に病室へ入り、患者さんの脈拍数や呼吸数、点滴の注入量や速度などを確認します。高熱や咳、病状が悪くて寝付けない人などの部屋はもう少し頻度を高めて訪問します。日によって忙しいもありますが、空いた時間で看護記録を入力します。

病状が安定していない患者さんは、24時間絶え間なくバイタルサインを監視するモニターがあるので、異変はアラームで直ぐに察知できます。しかし、容態は安定していたのに、次の見回りでは呼吸が停止しているというケースもあります。そんな場合には、ドクターコールで医師を呼び、可能な処置を行いながら、医師の到着を待ちます。経験の浅い新人時代には、パニックになって医師を呼ぶことで精一杯という看護師も少なくないようです。

患者さんが徐々に目を覚ます朝の6時を迎えると、看護師も朝の仕事をスタートします。バイタルサインを確認して、医師から指示が出ている患者さんには採決などを行います。その他洗面やトレイの介助、おむつ交換、朝食の準備・介助・後片付けなど、朝は意外とやることが多いのです。

夜勤の時間は長いですが、交代で夕食を取れますし、休憩の時間のほか、2時間の仮眠タイムもあります。そして朝8時前に出勤してきた看護師に、夜間の患者さんの様子を申し送りすれば、夜勤の仕事は終了となります。