2025年までに看護師が200万人必要ですが、労働環境や待遇の改善なしに実現は困難

医療技術が年々進歩・高度化するに合わせて、看護師も「認定看護師」や「専門看護師」などより高度活専門的な知識や技術が求められるようになってきています。

社会の高齢化が急速に進行している日本では、国民の3人に1人が高齢者となる日がそこにまで迫っています。当然、病気で入院する高齢者も現在よりも増えることが予想されますが、比較的状態が安定した高齢者は早く退院してもらわないと、病院のベッドが足りなくなってしまいます。

そのため、地域で高齢者の療養生活を支える訪問看護や老人福祉施設の役割が今まで以上に大きくなり、そこで働く看護師のニーズも高くなることが予想されます。

不況の影響もあり、国家資格を一度取得すれば生涯にわたって有効な看護師を目指す学生は増えており、毎年5万人ほど看護師が誕生していますが、それでも看護師不足が一向に改善しないのが現在の看護業界が抱える最大の問題です。

勤務時間の長さ、夜勤による生活リズムの乱れ、医療事故への不安、育児との両立の難しさなどの理由で臨床現場を離れる人は毎年約2万人おり、厚生労働省職業安定局の調査によると、看護師の資格を持ちながらも働いていない人は約71万人もいるとされています。

同省の概算では10年後には現在よりも約50万人追いや200万人の看護職が必要(准看護師も含む)としていますが、看護師の労働環境や待遇の改善なしにこの数値を達成することは困難とされています。

休職者一人当たりに、一月に何件の仕事があるかを示す「有効求人倍率」は通常の民間職で1倍代前半ですが、看護師は3倍を越えています。20代の看護師のへ平均年収は約400万円で、同世代ののほかの職業に比べて比較的高いといえますが 労働環境が苛酷なため、少ないと思う人も少なくありません。40代になるとポジションが少ないため、給与の上昇カーブが停滞するのも、他の職業と比べて不利と言われています。